2018年7月21日 (土)

【7/21】タイヤ交換!

昨年5月に、タイヤをロッソコルサにしたんですが、1年と少しでセンターツルツルになってしまいました・・・・・

 

ライフ短いのは覚悟しておりましたが、これほどとは・・・・

 

しかも、交換後2か月で鹿児島に異動となり、ロングツーリングの頻度はほとんどなくなったのに、です。

高い買い物だったなあ・・・・

でもグリップ感がバリバリあって、実際グリップも相当してくれて、6,500kmくらいは走れたので良しとしないといけないのかもしれません・・・・

 

しかし、鹿児島では走る峠がない(知らないだけか)ので、真っ直ぐの広域農道をひた走ることが多く、センターのみが減ってしまうという、ロッソコルサの使い方としては最も悲しい状況になってしまいました。

 

Dsc_0085_2

↑センターばっかりツルツルです

 

Dsc_0086

↑ついでにワイヤー見えてます!恐ろしや・・・・

 

ちょこっと遠出して帰ってきてみたら、このような状況になっておりましたので、タイヤを労わりつつ、タイヤ交換に行ってまいりました。

 

さて、次のタイヤですが、ハイグリップタイヤは止めです。もったいない。

まだもう少しは鹿児島に居る予定なので、おそらく峠を走ることはほとんどないから無駄です。

 

で、安ーいセール品のMETZELER ROADTEC Z6にしました。

かなり古いモデルですので、お安いですが、ライフもそこそこ持ちそうです。

 

 

Dsc_0088

↑フロント

 

Dsc_0089

↑リア

 

交換時点で鹿児島市内は雨が降ったりやんだりで、残念ながら皮むきはできませんでした。

来週にでもどっか広域農道でも流して試してみたいと思っております。

ロッソコルサのようなグリップは全く期待してませんが、そこそこグリップしてくれればいいな~。

2018年1月14日 (日)

【1/14】霧島神宮へ

先週のウィークデーは鹿児島でも雪が降りましたが、1月14日(日)は天気も良く気温も上がるようでしたので、霧島方面に走りに行くことに。

 

さすがに山の上の方は凍結が残ったりしそうなので、霧島神宮まで走ることにしました。

 

鹿児島市内から吉田→蒲生→空港→牧園→霧島神宮という何の捻りもないコース。

 

鹿児島市内を出たのが10時ごろだったんですが、冬用グローブの中の指先はかなり寒かったです。

路面はほぼドライでした。

 

とりあえず牧園まではスムーズにきて、霧島神話の里公園でツーリング証拠写真でも撮ろうかと休憩。

 

Dsc_0004_3↑霧島神話の里公園

 

撮影ポイントを探しているときにそれは起こりました!

 

Dsc_0008_2↑右前ウィンカー

 

久々にやっちゃいました。

駐車場でUターンしようとしてたきに、冬用グローブと寒さのせいでクラッチミートをミスしました。

ほとんど停止状態からのエンストでしたが、右へ倒れていくのを支えきれませんでした・・・・

 

せめてもの救いは、私の年式(K2)のGSX-Rは良くできたもんで、立ちごけくらいだと、前ウィンカーが破損するだけで、ほかにはほとんど影響がありません。

若干カウルに擦り傷が残る程度ですが、以前同じ立ちごけをやってるので、気になりません。

 

仮補修をしたかったのですが、テープなんかの持ち合わせがなかったので、帰りの道で補修することにして、霧島神宮へ。

 

Dsc_0013↑霧島神宮

 

人がとても多くて、参拝者が鳥居のあたりまで並んでました。

 

霧島神宮の後は、とこかでおいしいものでも食べて帰ろうと思ってましたが、霧島神話の里公園の後遺症(気分的な)があったので、途中のコンビニでビニールテープを買ってウィンカーを仮補修して、隼人からR10ルートでとっとと帰りました。

まあ、一応ウィンカーは破損しましたが、普通に走れたので、気持ちよく流すことができました。

でも、寒いと体は動かないし、ミスが発生しやすくなりますね。

皆さんお気をつけください。

2018年1月 3日 (水)

【1/3】初走り(枕崎かつおラーメン)

2018年の初走りで枕崎へ行ってきました。

 

箱根駅伝の復路の結果がだいたい判明しだいしたので、11時過ぎより支度を開始。

初走りであれば、霧島あたりが良いのでしょうが、あまり混雑する時間帯に帰ってきたくなかったので、南薩縦貫道を通って枕崎へ行くことにしました。

 

南薩縦貫道は、鹿児島市から枕崎市間を結ぶ道路で、一部自動車専用道だったり、一般道だったりが混じってる道路です。

緩やかなコーナーが続く、開けた景色が楽しめる良い道で、ほとんど混まずに枕崎まで行けます。

走りを楽しみたいなら別の道に行く方がよいです。

 

さて、11時半ごろ鹿児島市を出て、南薩縦貫道の途中、川辺ダムを撮影。

ライダーは何故かダムが好き。

 

Dsc_0857↑川辺ダムとGSX-R

  

ちょっとダムがわからないので、ダムだけ。

Dsc_0855↑川辺ダム

 

ゆっくり走りましたが、信号に引っかかることもほとんどなく、12時半前くらいには枕崎市内に到着。

昔行ったことのある、かつおラーメンの店を記憶を頼りに探してたら、どうも違う店になっていたようでわからず、スマホで検索。

先頭でヒットした「あじひろ」さんへ行くことに。

 

Dsc_0858↑枕崎にあるラーメン屋さん「あじひろ」

 

見た感じ老舗っぽいので期待して入りましたが、とてもおいしかったです。

地元の人が行くラーメン屋さんのようですね。

かつおラーメンなので当たり前でしょうが、スープの出汁が効いてておいしく、スープまでほとんど全部飲めました。

かつおのヅケと竜田揚げがそれぞれ入っていて、それぞれ違った食感でおいしかったです。

 

正月三が日の最終日ですから、かつおラーメンを食べた後はさっさと帰ります。

指宿方向に回って錦江湾沿いに帰ると混むので、毎度のことですが広域農道を経由して鹿児島へ。

今回もいつものごとく、日置南部広域農道から日置広域農道を経由して鹿児島市内まで帰ってきました。

 

ちょっと霞がかかっていて景色はそれほどでもありませんでしたが、寒くもなく快適に初走りできました。

今年はどっか遠くまでツーリングに行きたいな!

2017年11月 4日 (土)

【11/4】チキン南蛮と綾の照葉大吊橋ツーリング

昨日鹿児島は、おはら祭の最中雨に見舞われる状況でしたが、本日は快晴。ツーリング日和となりました。

 

さて、本日は仕事関係バイク仲間と宮崎方面に走りに行くことに。

 

とりあえず、桜島桟橋付近に4台集合。

 

Dsc_0802 

本日の参加車両は、ハーレースポーツスター883、ヒョースンGT250R、CB1300に、私のGSX-R1000。

 

集合時間は7時半でしたが、鹿児島市内でも結構寒かったです。もう11月ですもんね。

 

本日は日南方面から海沿いで宮崎に入って、チキン南蛮食べて綾に行く、というプラン。

しかし早速トラブルというか、日南から宮崎の海沿いは通行止め中とのこと。

日南を外して都城から直接宮崎に行くことに。

 

鹿児島からは私が先導で、県道16、25、40あたりをとおって、吉田→蒲生→空港。そこから県道2号で都城まで。

 

都城からは先導を883に代わり、国道269で宮崎へ。

 

宮崎では、おぐらでチキン南蛮をいただきました。

Dsc_0803↑チキン南蛮発祥のおぐら 

 

お客さんいっぱいで、15分くらい店の外で待って、注文してからもそれくらい待ちました。

さすがチキン南蛮発祥というだけのことはありますね。

大変おいしくいただきました。

 

宮崎を出発し、お腹一杯で眠くなりながら綾へ。

おじさん4名で綾の照葉大吊橋を渡りました。350円/人なり。

 

Dsc_0808

 

綾を出てからは、国道268で休憩をはさみつつ、栗野まで。

栗野に来た時点でもう4時半。最近は日暮れが早いので、これで解散することに。

883は川内方面へ、残りの3台は高速使って帰りました。

 

本日、朝夕が寒く、昨日の雨で所々濡れてたので朝はちょっと走りにくかったですが、日中は気持ちの良いツーリング日和でした。

 

シーズンオフまであと何回ツーリングいけるかな。

2017年10月 1日 (日)

【10/01】霧島~北薩方面ツーリング

台風やら、福岡帰省等々で乗れなかったのと、最近フロント右のキャリパーからカタカタと異音がするのを小手先対策してみたので、その様子見のため、とりあえず本日は霧島方面へ。

 

朝9時から出発・・・・しようとしました。

しかし、どうも前日にチェーン引きしたのが、引きすぎたみたいで、チェーンからグリグリと変な音がする。

チェーンを見てみると、やっぱり引きすぎでしたので、少し緩めてから出発。

30分以上ロスしましたが、まあ単独ツーリングなので問題なし。

 

いつも通り、吉田~蒲生方面を通って空港から霧島方面へ。

霧島温泉からえびの高原に上がっていったのですが、えびの高原はメッシュのウェアだと寒かったです。もう秋ですねぇ。

 

えびの高原からえびのスカイラインを走りたかったのですが、まだ全面通行止め。

いつまで通行止めなんでしょうか。走りたいんですけど・・・

 

この時点で10時半。どこで昼飯にするか考えて、知人から教えてもらった湧水町のライダースカフェ「55マイル」へ行くことに。

11時過ぎ、霧島アートの森の前まで到着すると、カフェの看板は「OPEN」。開いててよかった。

お店でピザ(マルゲリータ)とコーヒーをおいしくいただきました。

 

55マイルは初めてですが、到着した時点で私のバイクを入れて4台中、3台がスズキという異常な事態になっておりました。

オーナーさんと娘さんもVストローム乗りらしいので、ある意味鈴菌の聖地と言えるかもしれません・・・・(なお、食事している間に各メーカーのバイクが来て、鈴菌率は低下しました)

 

Dsc_07702 

その後、伊佐市から出水方面まで走り、広域農道経由で薩摩川内市に出て、高速無料区間で串木野まで。

そこからまたまた日置広域農道で鹿児島市内まで戻ってきました。

ここら辺の道では、日置広域農道が一番好きです。

 

さて、小手先メンテナンスの結果ですが、異音はほとんど気にならなくなりました。

ブレーキかけて停止した後、再スタートする際にフロント右キャリパーからカタカタ音がするという症状だったので、小手先の対策で、パッド裏面と縁の部分に鳴き防止グリスを塗ってみました。塗った当日は治まらなかったのですが、今日走って帰ってきたら気にならないレベルになってましたので、まあ、大丈夫でしょう。

また鳴り出したらオーバーホールかな・・・・

いっその事、キャリパー替えるか・・・・

2017年7月30日 (日)

【7/30】長島ツーリング

鹿児島県の長島にツーリングに行ってきました。

 

今日は薩摩川内の仲間と一緒だったので、上川内に10時に集合。

鹿児島市内からは、とりあえず日置広域農道を通って串木野まで出て、南九州西回り自動車道の無料区間を使って、薩摩川内水引ICまでひとっ走り。

 

二日酔いで参加見送りの1台(後に合流)を除いて、私のGSX-Rとゼファー400χ、スポーツスター883の3台で出発。

そのまま長島に行ってしまっても面白くないので、曽木の滝を回ってから長島へ向かうことに。

 

上川内からはR267やK404経由で曽木の滝へ。

曽木の滝に来たのは恐らく20年ぶりくらいではないでしょうか。

観光地として綺麗に整備されてました。

 

Dsc_0576

↑東洋のナイアガラらしいです

 

さて、ここから出水方面に抜けて長島を目指すわけですが、みんな道をよく覚えておらず、とりあえずGoogleMapで検索。

R447に出れば出水に行けるのですが、そこまで行くのに最短ルートを選択しようとしたのが間違いでした。

伊佐広域農道(こがねロード)でK48に出て、R447に入ろうとしたのですが、K48が結構な酷道でした。

こがねロードでR447まで出るのが正解だったんでしょう。K48はもう二度と通りません・・・

 

出水からは出水阿久根道路の無料期間を通行し、阿久根北まで。

R389で黒の瀬戸大橋を通過して長島に入ります。

 

長島では、まず東回りのK47で諸浦へ。

適度なコーナーが続く、気持ちの良い道でした。

13時過ぎたので、昼食ということで、長島大陸市場食堂へ。

 

Dsc_0580 

↑長島大陸市場食堂です

 

漁協がやっているんですかね。

ブリカツ定食を食べました。ブリの刺身もついてました。

 

戻りは、西回りのK379→R389。

黒の瀬戸大橋の手前にある、道の駅黒之瀬戸だんだん市場で、最後のメンバーのスポーツスター1200と合流。

 

4台になって、出水阿久根道路の残りの区間を走り、オレンジロード経由、K339→K340→R3で上川内へ。ここでツーリングは解散となりました。

 

Dsc_0585 

↑本日のフルメンバー

 

ここから鹿児島市内のは私一人で帰るので、薩摩川内水引ICから串木野まで高速道路無料区間を走り、日置広域農道で帰宅。

日置広域農道は先週も走りましたが、かなり気に入りました。

 

今日はのんびりツーリングでしたが。車が混むこともなく、快適に走れて楽しかった一日でした。

2017年7月22日 (土)

【7/22】えびの高原から川内方面へ

鹿児島にやってきました。
ツーリングにきたわけではありません。
仕事の都合でまた鹿児島にやって参りました。
まあ、簡単に言うと転勤ですね。
7年ぶりの鹿児島です。

バイクの引っ越しも先週終わりましたので、えびのスカイラインでも走ろうと、鹿児島市内を6時に出発し、いざ霧島方面へ。

朝早いと市内も混みません。
県道16から40、吉田から蒲生経由で空港にサクッとでて、霧島温泉からえびの高原へ。

8時前にはえびの高原についたてのですが、えびのスカイラインは全面通行止めでした・・・

しかたないので、宮崎県道30でえびの市内に下り、どこに行くか悩んだ結果、鹿児島で唯一ミニバイクでレースやってるM.S.L HOBBYサーキットを見に行くことに。何かレースやってるかなんて全くノーチェックです。

レースは何もやってないようでしたが、カートが一台とミニバイク(NSF?)が練習しておられました。


この時点で9時半。
とりあえず、久々にまぐろラーメンが食べたくなったので、串木野に行くことにしました。
とりあえず、広域農道をチェック。
川薩グリーンロードを走って川内へ抜けることにしました。

川薩グリーンロードはコーナー連続というほどではありませんが、極めて走りやすく、スピードも乗ります。

川内市内にでたら、久しぶりだったので、そのまま国道3を南下。味工房みそのへ。

前来たのがいつか調べてみたら、2010年の2月でした。
豚骨ラーメンと二枚看板でやってるようですが、ここはやはりまぐろラーメン。
以前食べたときより、まぐろの漬けの味が濃すぎる気がしました。味が変わったのか、私の趣向が変わったのか・・・

とりあえず、まぐろラーメン食べてもまだまだお昼前。
今度は日置広域農道を通って鹿児島に帰ることにしました。

日置広域農道は、気持ちのよいコーナーが続く良い道でした。

鹿児島市内に帰りつくころに、少し雨が落ちてくる天気になりました。晴れ間も見えるんですけどね・・・
まあ、沢山は降らないだろうと、移転した南海部品へ行ってみることに。
って言っても、2012年に移転してるんですね。
この前鹿児島に越してきてすぐに前の店舗の辺りをとおって初めて移転を知りました。

新しい店舗は品揃えも多くなったみたいで、いいですね。

相変わらず雨がポツリポツリ来るので、とりあえずツーリング終了ってことで、14時前には家に帰りました。

鹿児島は福岡と比べて暑いです。
鹿児島のツーリングは午前中が良いですね。

2017年6月10日 (土)

【6/10】オイルフィルター交換

梅雨明けした後の本格的なバイクシーズンに向け、オイルフィルターを交換することにしました。

梅雨入りしているのに午前中は晴れみたいなので、ひとっ走り朝練して、昼から交換作業に着手。

 

実は自分でオイルフィルター交換するのは初めてです。

まあ、やり方はわかるので何てことありませんが。

 

さて、オイルとオイルフィルターレンチも事前に準備済みで挑みます。

 

Dsc_0541

 

今回もオイルはワコーズで、フィルター替えるので4L用意しました。

 

私のGSX-R1000はオイル交換だけならカウルを外す必要はありませんが、オイルフィルター交換の場合は右のカウルを外す必要があります。

六角何本かとカウルクリップで外れます。

 

Dsc_0542 

オイルを抜いて、オイルフィルターを交換しようと、オイルフィルターレンチを取り出すと、なんということでしょう!サイズが合いません。

某バイク用品通販サイトでスズキ用を適当に選んで買ったら間違ってました・・・・

 

速攻ナップスに行って、スズキ用を購入。

 

Dsc_0546 

 

レンチが用意できたので、早速はずします。

 

Dsc_0547 

ちゃんとサイズ合いました。

 

このあと、オイルフィルター外すのですが、オイル全部抜いたつもりでも結構出てくるので、要注意ですね。ちゃんとオイル受けを下に敷いてやりました。

 

続いて新しいのをつけて、メンテナンスマニュアルどおり3.3Lオイルを入れてバッチリでした。

なお、オイルフィルター取り外し以降はオイルで手が汚れたので、写真撮れてません。

というわけで、梅雨明け以降の本格シーズンの準備は大体整いました。 

 

2017年5月30日 (火)

【5/30】ユーザー車検2017

2年経つのは結構早いです。

車検の季節がやってきました。

今年もユーザー車検で通します。

 

前回に引き続き、今回も特になにも問題なく通りました。

Dsc_0508

↑検査は私だけでした。

  

  

<事前準備:メンテナンス>
 今回は車検直前に、フロントフォーク右からオイルが噴出し、修理しました。
 また、リアタイヤのセンターのスリップサインが出て、タイヤ交換。
 この2点が結構な出費で痛かったです。
 
 まあ、フロントフォークなんかは、これまでほぼノーメンテですから、
 よく頑張ってくれたと思います。
 タイヤもこれを機会にハイグリップに替えてみて、大変満足です。
 
 あとは、マフラーをノーマルに戻した位。
 ブレーキレバーはビレットレバーなんですが、特に問題無いようです。
 バックステップも含め、寸法を出てないと良いそうです。
   

 
<事前準備:書類>
 当然ですが、必要な書類は、予め準備しときます。
  ・車検証
  ・自賠責保険証
  ・納税証明書
  ・定期点検整備記録簿(ネットから様式落として記載して持っていった)
 
 例年のごとく、納税証明書の期限である5/30までに車検を通します。
 口座振込の場合、納税証明が郵送で6月上旬に届くので、
 この時期の車検は面倒ですが、さすがに変えられないので仕方ありません。
 今年は5月30日に受けることとしました。
 
 
<事前準備:車検予約>
 ネットで予約して車検にのぞみます。
  自動車検査インターネット予約システム
 
 5月30日(火)第二ラウンド(10時から受付、10時半から検査)で予約。
 
 
<車検当日:光軸調整>
 またまた今回も、車検前に朝からライダースさんで光軸を合わせてもらいました。
 陸運近くで本当に助かります。
 当然、自賠責も一緒に加入します。
 
 お店についたら、測定器の前にすぐに誘導されて測定と調整。
 GSX-Rは1灯で検査してもらうことと、落ちたら数値を聞いてくることを、
 アドバイスしてもらいました。
  
  
<車検当日:書類記入>
 福岡陸運支局につくと早速陸運協会で書類と印紙を購入。
 初めてのようなふりをして行くと、きちんと教えてもらえます。
 まあ、初めてのフリしなくても聞けば教えてもらえるんでしょうけど・・・
 
 書類を記入し、陸運支局のユーザ車検窓口へ。

 この辺は大分慣れました。

 書類は記載ミスもなく受理してもらえて、
 すぐに検査してもらってよいとのこと。
 時間的にはまだ9時半ごろでしたが、良いと言われたので検査場へ。
 
 
  
<車検当日:検査本番>
 バイクの検査ラインに行くと近くに1台バイクが停めてありますが、
 誰もいない状況。
 検査ラインもコーンと棒で閉められていて、検査してない様子。
 10時からかな、と思いつつ、検査場を見回していると、
 検査員の方が「すぐに行きます」と言ってくれて、検査開始。

 結局停めてあったバイクは検査ではなくて、検査は私のみ。
 ガラガラ状態でですね。
 火曜日ってバイク屋の店休日でしたかね。
  
 検査はブレーキ、メーター、ライト、排ガスまではセルフですが、
 今回は検査員の方が最初から付いてくれて、手取り足取り状態。

 まずは寸法と、部品装着状態を叩き試験。
 その後ラインに入れて、ブレーキ、メータ、ライト、CO2ともすべて即合格。

 前回にも増して拍子抜け状態でした。

 まあ、何事もなく合格ということでOKです。

 

Dsc_0509 

↑シールはデザインが変わったみたいですね。



 
 
 今回も早く車検が終わったので、2年ぶりに志賀島を一周して、
 姪浜のカフェ・ド・パリでランチ。
 その後、上場広域農道まで走って、七山~三瀬経由で帰宅。
 今回も天気に恵まれた車検となりました。
 
  
<費用>

 今回ユーザー車検に掛かった費用ですが、
  ・光軸調整費用    1,500円
  ・自賠責保険料    11,520円
  ・用紙代         30円
  ・自動車重量税印紙代 4,600円
  ・自動検査登録印紙代  400円
  ・自動車審査証紙代  1,300円
 合計19,350円でした。

2017年5月27日 (土)

【5/27】タイヤ交換と皮剥きと車検準備

来週車検を受けに行く予定なので、いろいろと整備中です。

 

現在履いているメッツラーのM5は全体的にはまだまだ溝が残っているのですが、リアのセンターのスリップサインだけが出つつありました。

かなりもったいないと思いつつも、車検は厳しそうなので交換することに。

車検なければもう少し使うんですけどね・・・・残念。

 

というわけで、昨日夕方にタイヤ交換してきました。

 

M5はかなりのお気に入りだったので、次もM5で良かったのですが、(センター以外は)溝が残っているのに同じタイヤをチョイスするのもアレなので、悩んだ挙句、ピレリのロッソコルサにしました。 

Dsc_0492

 

Dsc_0489 

 

早朝走ることが多いので、ハイグリップの温度依存がちょっと気になるところでしたが、スポーツタイヤレベルまでしか履いたことがなく、一度履いてみたかったので・・・・

値段的にも同レベルのS20EVOにしても良かったんですが、赤いCORSAの文字がカッコよかったので、ロッソコルサを選択。

 

それで、今朝早起きして朝練コースにて皮剥きを実施してきました。

 

初ハイグリップの感想ですが、

本当にハイグリップですね!

 

M5は接地感が結構明確に感じられて安心して走れたのですが、ロッソコルサでは接地感ではなく、グリップ感という言葉で表現したくなりますね。

皮剥き終わってない段階から、ジットリとしたグリップ感が伝わってきます。

M5より安心してサイドまで使えますね。

まあ、ライフの方は相当短くなるんでしょうが・・・・

 

あと、皮剥き走行が終わって、家に帰ってから、マフラーをノーマルに戻しました。

これで車検準備OKです!